美来工科高等学校 生徒2名 現場研修

 

12月6日(火)~12月9日(金)の4日間、美来工科の生徒2年生2名の企業実習の受け入れを<美浜1号線交差点改良工事>の現場で行いました。  今回は、喜屋武さんが現場からの細かなレポートをくれたのでそのまま掲載します!!

 

 

 

 

 

126日(火)

初日は工事図面にて全体の工事内容の説明を行い現在、排水工を実施中であるので

その種別施工を現地にて見学。

内容としては、管渠型側溝に於いてバックホゥ床掘後、基礎材を投入敷均し転圧を行い、布設まで。

127日(水)

2日目はL型側溝エプロン部の型枠組立てに於ける測量実習。

トランシットによる方向角・光波による距離の測定及びレベルによる高さの確認。

 

128日(木)

3日目はL型側溝エプロン部の生コンクリート打設の見学を行った。

バイブレータによる生コンクリート締固め状況及び左官仕上げ等。

IMGP0662

129日(金)

最終日は管渠型側溝布設に於ける、作業状況の一連の流れを経験。

特に、施工測量を実施してもらいその内容はトランシットでの法線の視準及びレベルでの丁張り等の高さ確認。

 

 

総評:4日間の研修は排水工の工程に関して見学と実習を受けてもらいました。

今回の研修は、授業で教わった事が無い初めて目にする内容が多かったと思います。

   特に職員の手解きで、施工測量を経験出来た事が将来、建設業に携わっていきたいと思う要因になれば幸いです。

IMGP0663